成長ホルモンと身長の関係

極力、身長を伸ばしたいと願う人ははたくさんいます。



やはり身長が高い人ほど見栄えもよく見えるのは事実です。



とくに男性の場合には異性からも人気が出る傾向にあります。



身長を伸ばすための様々なグッズが売られています。



例をあげましょう。



身長を伸ばすための器具などが通販で売られています。



もしくは、身長を伸ばすのに有効なサプリメントもありますね。



また魚の骨や牛乳を飲むと身長が伸びるという話もよく聞きます。



どちらもカルシウムがたっぷりです。



カルシウムには骨などを作る材料があるとされ、身長を伸ばすのに一定の効果があると言われてきました。



いずれも一定の効果を期待することができるかもしれません。







しかし身長を伸ばすのに一番密接に関わっているのは、ずばり成長ホルモンです。



成長ホルモンは脳下垂体という脳の一部から分泌されているホルモンの一つです。



脳下垂体から分泌された成長ホルモンは肝臓に達します。



そこで私たちの身体を大きくする様々な働きを実際に起こします。



成長ホルモンが一番分泌されるのは思春期です。



思春期に月に何センチも身長が伸びることは珍しくありません。



この身長の劇的な伸びと成長ホルモンの分泌が深く関係しています。







成長ホルモンというのは学術的な名前で、別名「ペプチドホルモン」と言います。



ホルモンの一種には違いありませんが、たいへん独特な形をしているホルモンなのです。



成長ホルモンは、アミノ酸がチェーンのように並んだ形をしています。



有名ですよね。



しかし成長ホルモンの場合、このアミノ酸が191個も連なっているというオリジナリティー溢れる形です。







成長ホルモンが身長を伸ばすのに関係しているのは、ほかのホルモンの分泌を活性化させることにあります。



成長ホルモンの作用によってIGF-Iというホルモンを作る動きを活発にします。



IGF-Iには関節にある軟骨の成長を促進するのに有効です。



硬い骨と骨の間にある軟骨が成長することにより、身長が伸びるとされています。







成長ホルモンは時期によい、たくさん分泌されるタイミングがあるようです。



第一に、生後から、2歳ごろまでです。



その次は10歳前後にも成長ホルモンがたくさん出されるようです。



第一成長期とも呼ばれる時期にあたります。



さらにいわゆる思春期と重なる時期です。



つまり、10代の前後から中ごろにわたっても成長ホルモンがたくさん分泌されるのです。



万が一、身長を伸ばしたいと思ったならば、今、挙げた3つのタイミングが大切です。



そして成長ホルモンは20歳の成人を過ぎると、一気に減ってしまいます。



なので、身長を伸ばしたいと願う人は、たいていは20歳までに何らかの解決方法に着手しなくてはいけません。



20歳をすぎても成長ホルモンは確かに少なくなりますが、分泌がゼロになるのではありません。



しかし身長を誰が見ても明らかに伸ばすほどの力はもはやなくなるのです。











成長ホルモンをたくさん分泌するための方法は、一体存在するのでしょうか?また身長を伸ばすためのコツのようなものはあるのでしょうか?どちらにも、答えは「はい」です。



しかも生活習慣を適正に保つことで、身長を伸ばすための土壌を整えることは可能です。



身長を伸ばすためのコツについても、いろいろと紹介したいと思います。



ですので、身長を高くしたいという人は参考にしてくださいね。



自分の生活習慣を早期に見直し、対策を練りましょう。