身長と遺伝子の関係

身長を伸ばしたい人はたくさんいるでしょう。



しかし一方で、身長が伸びることに最初から期待をしていない人もいるでしょう。







それは家族の身長の低い人ばかりという場合によく見られます。



家族がみな身長が低いと、遺伝的な原因だと考えてしまうのも頷けます。



このような場合、どれほど身長を伸ばす努力をしたとしても、身長が劇的に伸びることはないという風に思いこんでしまうのです。



しかしこれは正しい思い込みでしょうか?





確かに身長の高い低いということを決定付ける要因の中の一つに、遺伝的な要素があることは否めません。



しかし一方で、遺伝的な要素によって、その人の身長がすべて決められはしないのです。



その後の暮らし方によって、身長が伸びるような環境に身をおけます。



そうすることで、身長を伸ばすことはできるからです。







身長を伸ばすのに大事な作用をするのが、成長ホルモンです。



成長ホルモンは、運動を行ったり、睡眠時間をたくさんとったりすることによって分泌の量を増やせます。



成長ホルモンを働かせることで、遺伝的なハンデをカバーできるのです。