年齢と平均身長の関係

人間が成長していくにあたって、身長というのは大きなポイントになりますよね。



身長が伸びると同時にその人の人間的成長も同時に見られます。



身長は人の尺度といった見方も可能です。



もっとも一概にすべてにあてはまるわけではないですが、尺度の一つとちう考えに間違いはありません。



人は身長が高いからと言ってその人を懐深い大きな人だと思わないでしょう。



しかし、大きな人のほうが「包容力がありそうな人」とは感じますよね。



反対に小さい人は「こぢんまりしてそう」とみられるケースもあるのです。





さて、昭和33年から現在まで、日本人の平均身長のデータは取られ続けています。



そしてその推移は現代の科学によって理由や原因が研究されてきたのです。



身長が低い・高いといった水準として広く平均身長は利用されてきました。



小学校や中学校の身体計測の時にはそのデータをもとに、その子の背の高いとか、あるいは低いと判別してきましたよね。



子供の成長が遅いのではないかと心配する親に、平均身長は、「大丈夫だ」という安心感を与える道具のような、一つの大きななパワーを持っているといえます。







ここでは平均身長の変化と年齢はどう関係しているのか、世界を見渡したとき、日本の平均身長はどれほどのものか。



これからも平均身長は伸びていくものなのか。



いつもは、考えない身長と年齢の関係や成長の不思議に迫ります。





さて、身長の伸びについて推測することは不可能なのでしょうか。



背の高い親の子は確かに背の高い子が多いのは事実です。



それに、背の低い親の子供は同じように低い子が多いです。



しかし、だいたいの計算で身長が出せたとすれば、それはとてもありがたく、それ以上に伸びた場合にはそれは結果以上に嬉しくなることでしょう。







身長は、いまでは、ある程度の計算で予測を立てることが可能です。



身長予想算出です。



ある公式に数値をはめ込むことで予測値の範囲は脱せませんが、将来の身長を導き出せます。





男子の場合は父親の身長+母親の身長+13÷2(誤差8〜9センチ)女の子の場合は同じく父親の身長+母親の身長−2÷2(誤差8〜9センチ)で出せます。



実際の身長との誤差が大きいので、「こんなのあてにはならない」と一蹴する人もいるようですが、事実この算出法が使われるケースも多いのです。



その他の方法としては、手首のX線写真を用いる方法です。



ある程度の身長の伸びを算出できると言います。



これはX線写真という簡単な方法で行われ、誤差は少なくてすみます。



背が伸びる仕組みは軟骨部分が順次骨に変わっていくことで、生じます。



手のX線写真は軟骨も多く、変化がわかりやすいということで低身長症の診断のために使用されたりもするのです。







平均身長を考える上で、どうしても念頭に置かないといけないことがあります。



それは、現在の子供たちと過去の子供たちがいた環境・食事などはずいぶん異なるということです。



身長の伸びや子供の成長については、時代背景やその時の環境は非常に密接に関わっています。





食事によって取れる栄養にしても、住環境や学校環境なども大きく変化しました。



塾に行くのはお金持ちの子だけと言われていた時代はもううんと昔話になってしまいました。



今となっては、学校の予習としてもほとんどの子供たちが塾通いをしていますよね。



勉強だけを優先する親が増えているのが理由でしょうか。







遊ぶ時間や外で陽光を浴びる時間は減少する一方です。



今の子供たちの成長はたくさんのリスクを抱えています。



成長の過程で子供が本来得なければならない自然からの恩恵は、どの変化しているのでしょう。





この、環境変化と身長についても詳しく迫っていきます。