時代背景と平均身長のかかわり

では、今の身長と昔の身長はどれほど違いがあるでしょうか。





前述したように、平均身長の統計は昭和33年からずっととられ続けています。



ですので、そのスターと後についてはどのくらいの身長の変化が生まれたかは明らかです。



しかし、それより前については明確な数値が見当たりません。



ただ言えることは、縄文・弥生時代の日本人は非常に小さかったと言われています。



食べ物が安定な時代でもあるので、当たり前とも言えますね。







その後の身長についても明確な資料はありません。



しかし、ずっと今の様に成長をたどっていたわけでないようです。





やはり栄養状態や時代背景などによって成長の仕方は変わります。



例を挙げますと、戦国時代には平均身長は伸びていて、江戸時代に縮み、戦後になってまた非常に成長したと言われています。







ここには栄養状態や環境などの関係が皆無とは言えないのです。



人間は成長するために十分な栄養・睡眠・運動を要します。



骨や筋肉に刺激を与え、成長ホルモンを分泌させ、そのために質の良い栄養が必須となります。





戦中は睡眠や栄養をたっぷりとることが不可能でした。



そのせいで、平均身長としては小さかったという記録も残っています。