年齢と共に変化する身長

年齢を重ねた後は、平均身長はどう変化するのでしょうか。





簡単に分かりやすく言うと、縮み始めてしまいます。



おじいちゃんおばあちゃんの背が徐々に縮んでいくのと同様、身長は伸びきると縮むしか道がなくなります。







ただ、背をサポートしているのは背骨と、その周りの筋肉です。



背骨部分の軟骨成分が減少すると、確かに身長は縮んでしまいます。



しかし、筋肉の力によって、その身長の縮みを抑えることも可能です。





平均身長の統計的にみると、60を超えたあたりから、身長はだんだんと縮み始めるのです。



でも、現在の60代の平均身長と今の20代の人が60代になった時の平均身長はおそらく大きく変わっていることでしょう。







私個人の意見ですが、今の20代の人が60代になった時のほうが今の60代平均よりも、もっともっと身長は低くなるのではないかと思うのです。





理由はこうです。



筋肉を使う時間が減少し、体の筋力は落ちる一方で、骨も支えようがない。



軟骨成分の減少によって、クッションの役目もままならないといった状態が予想されるのです。







肉体は、骨があるからいいわけでも、筋肉があればいいとも言えません。



全身が均等に働き、体全体を支えなくてはならないのです。