歳をとることと平均身長の関係

前項でお話したように、歳を経るごとに人間の身長は縮んでいきます。



しかし、抑えることは不可能なのでしょうか



前述の通り、人間の体は背骨とその周りの筋肉によってサポートされています。



でも筋肉や背骨の間の軟骨はどんどん縮んでいているのです。



そして、気がつけばエビの様に背が曲がってしまうという結果にもなるのです。







人間は、いつなんどきでも、重力に逆らって生きているのです。



重力はすべての生き物にかかるのは、当たり前ですが、人間もその例外とはいきません。



ということは、筋肉や骨は体の部分を支えると同時に生まれたその時から重力に必死に抗うという使命をもたされていることになります。







では、年齢に負けない平均身長に逆らうような、すらりと伸びた姿勢を維持する方法を考えましょう。



そのためには、第一に、成長期に十分な栄養・睡眠・運動をが必要となります。



この時期に強い筋肉と骨をつくり、年齢がいってからは、それをずっと意識的に鍛えることで、縮む運命を遅らせることができるでしょう。





科学者の多くが、今の若者の運動不足に嘆いています。



子供はもともと現実的な見方をするよりも、少々無鉄砲といわれるくらいに、懸命に走り回るほうが子供らしいといえます。







未来を担う子供たちのこれからの成長に、大人ができる事は何でしょうか。



子どもに知識を与えることだけなのでしょうか。



学歴を手に入れさせることでしょうか。



今、まさに考えないといけない局面にきているのかもしれません。