デジタル身長計について

身長計というと、昔は、手で行っていました。



自分の手で身長計を子供の頭に合わせていき、目測で身長をはかるというのが基本だったのです。



いまでもこのタイプの身長計は多くあります。









しかし近頃では、身長計にも近代化してきています。



デジタル身長計と呼ばれているような商品もたくさんあるのです。









デジタル身長計とはどのようなものでしょう?基本的なつくりは、もともとの身長計と大差はありません。



手で身長をはかる対象の人の頭のところにカーソルを合わせていって身長を計測する形です。



でも、従来の身長計では目視だったはかり方がデジタル表示されるのです。









手技による身長の計測法だと、最終的な正確な身長の数値というのは人の目に依存されます。



ところが人の目の場合には、誤っている可能性は否定できません。



そのうえ、細かな数値まではっきりと確認することは不可能です。



どこかにアバウトさが残るのです。









ところがデジタル身長計の場合、このあいまいさが避けられます。



正確な身長の数値をすばやく計測できるのです。



ここがデジタル身長計の長所です。