成長ホルモンと乳酸の関係

成長ホルモンを分泌させるためには運動がおすすめです。



その理由として、乳酸の存在があります。



運動を一定時間していると、確実に疲労がたまってしまいます。



運動をしていると疲れてしまう原因として、疲労物質が体内にたまってくることがあげられます。



疲労物質の中でも、乳酸は有名ですよね。







乳酸は、まず一つ目に心臓のエネルギー源なのです!仮に、運動をして疲れを感じたとします。



しかししばらく経過をしてくると疲労の度合いもおさまってきますよね。



これは体内でどんなことが起こっているのでしょうか。



身体の中で作られた乳酸が心臓の活動のエネルギー源として消費されることで、疲れが和らぐのです。



運動をしたあと30分も経過をすれば体力回復が見られるでしょう。



それは体内の乳酸がちょうど消費されたことを示唆しています。







プラスして乳酸には、成長ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。



乳酸が多く作られることで、より成長ホルモンの分泌を活発にすることができるのです。



運動をする場合には、やや長めの時間行ってみましょう。



そしてやや疲労感を覚える程度、実践すると、乳酸が作られ、成長ホルモンが大量に分泌される可能性が高まるのです。