成長ホルモンの正体

成長ホルモンは、脳から出た指令を受けることで、下垂体から出てきます。



そして、軟骨、骨、肝臓、脂肪、筋肉、心臓、血管、腎臓、脳、リンパ球などにダイレクトに作用し、代謝のバランスを維持するのです。









代表的な働きは二つです。



成長促進作用と代謝調節作用があります。



幼い頃は身長を伸ばす為にこの成長ホルモンは必須の存在です。



肝臓で生成されるというソマトメジン-Cに作用し、骨を伸ばす重要な役割を果たすのです。



また、成長ホルモンは体内でエネルギーを生成する途中でも大事な役割を果たします。



もし、エネルギーが生成されないとなると、体中に倦怠感が遅い、気力までもが落ちてしまうのです。



これらが代謝調節です。



代謝調節は、皮膚や毛、汗などに一番関係しています。



調節が上手にできなくなり、身体に色々と不都合がおきてしまいます。



例えば、汗の出がわるくなるので、皮膚が乾燥してカサカサになったりするのは代謝調節がうまくいっていない証ともいえます。



代謝調節が出来ないと、人間が生きる為の身体のバランスを崩してしまい、生きていくのさえ難しくなってしまうのです







成長ホルモンは、「身長を伸ばすためのホルモン」だとばかり思われています。



ですので、幼いころにこそ必要な物質だと思われていますが、実は一生、人間の身体にたいへん重要なホルモンなのです。









成長期の子どもにとって、成長ホルモンの分泌が足りないとなると、身長の伸びがよくなくなります。



そして、低身長(成長ホルモン分泌不全性低身長症)という病にも至ります。



幼い頃から身長の伸びがよくなく、他の周りの子どもと比較しても、身長が際立って低いのが目立ちます。



また、成長ホルモンが足りていないとなると、思春期の訪れも遅延します。



思春期(成長期)が周りの子ども達にははじまり、大人の階段を上っているとき、成長ホルモンの分泌が足りていない子は、思春期の訪れが遅れるため、幼い印象に見られます。



これらの症状を適正なな状態に近づけるよう、成長ホルモンで補填する治療が開始されるのです。









また、成長ホルモンには皮下組織への水分保持という重要な役目もあります。



美容に関して言いますと、肌の水分を保ち潤いを与えてくれます。



そして、代謝を活性化し、エネルギー消費や筋肉を発育する役目から、筋力アップから体力が蘇り、またダイエット効果やバストアップ、ヒップアップなどのたくさんの役割を果たしてくれるのです。



また、成長ホルモンは脳にもダイレクトに作用するので、脳に活力を与えてくれて、心の面でも潤いを与えてくれるのですね。









成長ホルモンが足りていないときには成長ホルモンを補填する注射に注目しましょう。



これは、病院で処方してもらうことができます。



小児の成長ホルモン分泌不全性低身長症の治療のために処方され使う場合には、特定慢性疾患に認定されていますので、治療費の負担は軽くなるでしょう。



一方で、成人の方の成長ホルモン治療は、保険適用の範囲にはなるのですが、病気の程度や体質に依存します。



ですが、だいたい1ヶ月に18000円〜20000円かかるようです。









しかし、美容の為の成長ホルモンを補うことには病気と認定されないので、成長ホルモン注射は保険適用外となり、非常に高価なものになってしまいます。



しかし、成長ホルモンを補填すると、美容への効果は非常に期待できるでしょう。









このように、成長ホルモンは私たちの身体には誰しもに分泌されているものです。



そして、重要な役割りを担っています。



ですので、分泌が悪いことによる疾患もでてくるのですね。



成長ホルモンが足りていない場合、それを補填することによって、色々な効果がありますが、副作用の心配があまり要らないのは貴重です。



子どもの身長の伸びに頭を抱えたり、成人の方が身体に異変を感じたりしたときは、ただちに医師に相談することをお薦めします。



長い期間の治療に時間を要しますが、成長ホルモンが正常に分泌されると、心も体も元気になり、暮らしそのものが、明るい方へと進んでいきますよ。