成長ホルモンと美容との関係

成長ホルモンは皮下組織の水分保持という大事な役割りがあります。



成長ホルモンがいちばん分泌される時期は13歳〜17歳の思春期のようです。



その頃の肌は潤いたっぷりで、ハリもあり、水分もちゃんと保たれているものです。



しかし、25歳以降になると、肌の老化が目立ちはじめますよね。



25歳は「お肌の曲がり角」と呼ばれる年齢です。



それには根拠を裏付ける理由があったのですね。



それは、成長ホルモンの分泌量が半分に減ってしまうことにあります。



肌の水分をキープする役目である成長ホルモンの分泌量が低下すれば、もちろんお肌にハリは消えてしまいます。



30歳代になると、さらに分泌量は減少します。



ハリが失われるだけでなく、シワやたるみが出てきてしまうのです。



お肌だけでなく、バストやヒップなども垂れるといった現象がでてきます。









これらの美容問題を解決するためには、成長ホルモンを補填する必要が生じてきます。



成長ホルモン注射での補填がもっとも効果的です。



年齢次第ではありますが、1週間に4〜5回を半年〜9ヶ月くらいの間、投与するようです。



成長ホルモンはお肌の水分だけでなく筋肉にも作用します。



ですので、バストアップやヒップアップなどにも非常に効果が期待できるのです。



また最近では、成長ホルモンスプレーというものも開発されているようですね。