成長ホルモンとアンチエイジングの関係

「アンチエイジング」という言葉はご存知でしょうか?最近、よく耳にしますよね。



アンチエイジングの訳とは「抗老化」「抗加齢」です。



いわゆる、進んでいく老化現象を多少なりとも遅らせようという試みです。



人は「若くありたい」と切に希望する、そんな生き物です。



私たちの願いを叶えるようなこの考えが、現在、注目を集めています。









では、どうして年を重ねるごとに老化してしまうのでしょう。



それは、成長ホルモンと関わりがあります。



成長ホルモンの分泌量は思春期を頂点にそて、年齢を重ねるほど低くなってしまいます。



成長ホルモンは、皮膚や筋肉、活力など身体の成長全体に作用していきます。



ですので、その働きが低下することにより、老化が進行します。









老化は見た目のみならず、脳・体力・精神力など身体の全ての面に出てきますね。



そこで成長ホルモンを補填し、身体全体にパワーを与えてもらうのです。



成長ホルモンは注射によって補います。



そして、その効果として一番に現れるのが、体力の部分です。



疲労しにくい体になり、また体自体が軽く感じることでしょう。



熟睡できるようになる為、ねている間にしっかり体を休めることができるからとも言われています。



また、気分も明るく開け、希望が持てるようになります。



こうした精神的な部分の若返りの効果もアンチエイジングには必須ですね。