成長ホルモンと伸長の効果

成長ホルモンの効果として、身長を伸ばす効果は有名です。



成長ホルモンが出されると肝臓への働きを強化する性質があります。



するとソマトメジンCという物質を出すのです。



ソマトメジンCは軟骨細胞の増殖する作用を持っています。



ですのでソマトメジンCの分泌が活性化されればされるほど、骨の成長も進むのです。



そのため、身長を伸ばす効果にも有効に働きます。









身長が低い人がいますよね。



身長が大変低い人のケースですと、もしかすると成長ホルモンの分泌が正常になされていない可能性があります。



そこで医療機関では低身長の人へ、成長ホルモンを投与するという治療法が行われています。









成長ホルモンを投与すれば、身長を伸ばす効果がでますが、その効果が著しくあらわれやすいのは、やはり思春期です。



この時期に投与をするのが理想だといえましょう。



しかし思春期を過ぎた人でも成長ホルモンを投与し、身長を伸ばすことが可能であった事例も報告されているんですよ。



成長ホルモンには、間接の間にある軟骨に作用する働きがあります。



軟骨細胞を成長させることによって、最低でも1〜2cmの身長の伸びを見込めるのです。



ただし思春期が終わった後の効果については、人それぞれですのであまり期待はしないでくださいね。