成長ホルモンの分泌促進

私たち人間は、様々なホルモンを出しています。



その中の一つが成長ホルモンです。



成長ホルモンは、人の身体を成長させるためには欠かすことができないホルモンです。



もともと成長ホルモンは、我々の体内で作られています。



脳下垂体で精製され、分泌されるのです。









成長ホルモンは、身体を成長させるために、あらゆる組織や器官に作用しています。



例を挙げると、骨の組織に強固な骨を作るのを促進する作用があります。



骨の生成が盛んになることで、身長を伸ばすことも可能です。



また臓器の機能強化においても成長ホルモンはとても大切な働きをしています。



また臓器のケースでは、ただ単に機能を強めるだけでなく、その臓器にとって最適な状態を長期で保てるような調整役をしてくれる場合もあります。









調整役という話に加えてですが、実はほかの部分でも調整役をしています。



私たちの身体には筋肉と脂肪が含まれています。



両方とも運動をするときに大切な役割を果たすのです。



一方でこの両者がベストバランスをとっておくことも重要です。



そこで成長ホルモンの作用により、筋肉と脂肪のバランス調整をはかるのです。



また同時に日常の活動によって消費されるエネルギーである代謝についてのバランスもとることができます。









加えて、成長ホルモンには、免疫機能の働きを活性化する作用もあります。



免疫機能が強まることで、ウィルスなどに対する耐性を強めることができます。



このため、病気になりにくい、健康な身体を作ることが可能になります。



このように成長ホルモンには、私たちの身体にとって得する働きがいっぱいあるのです。









成長ホルモンの分泌は、通常、ある年齢の時に盛んになるようです。



私たちの体は、一般的に言うと、小学校の低学年と、いわゆる思春期に成長ホルモンの分泌が多くなります。



よってこの時期にぐっと背が伸びたり、男性らしいもしくは女性らしい身体に変化を遂げるのです。



でも、歳をとるにつれて、成長ホルモンの分泌は減っていく一方です。



とりわけ40代を過ぎて、俗にいう中年になってくると成長期の頂点の時期と比べて、おおよそ4割程度にまで減ってしまうとも言われています。



ある種の老化現象であり、逆らうことは不可能です。









しかし歳だからということで諦めるのは早いです。



様々な方法を駆使することで、成長ホルモンの分泌能力を高めることが可能だからです。



上述したように、成長ホルモンは、私たちの身体を健やかにしてくれます。



成長ホルモンの分泌を活発にすることが可能であれば、若い肉体をずっとキープできるのかもしれません。









成長ホルモンの分泌を活性化させる方法についてみてみましょう。



専門的な医療行為を特別に受けなくても大丈夫です。



高度なことを求められているわけではないからです。



成長ホルモンの分泌を促進するためにしなければならないのは、日々の暮らしを見直すことで十分なのです。



言い換えますと、規則正しい生活を送ることで、成長ホルモンの分泌を活性化することができるのです。



成長ホルモンの分泌を活性化するための方法について、様々な方法を紹介していきましょう。



とりわけ難題をいうつもりはありません。



今日からすぐにでも実行可能というような簡単なことをベースにご紹介しますね。



若返りというのは多くの人の望みでしょう。



それを成長ホルモンの分泌を活発にすることで、実現する可能性をアップできるのです。