成長ホルモンと筋トレ

成長ホルモンの分泌を増加させる方法の一つに、運動があります。



とりわけ筋トレは有効です。



筋トレをすることによって、筋肉の組織を壊します。



すると筋肉の壊れた組織を修復しようとして、その部分を強くしようと働きます。



そのために成長ホルモンの分泌を促進し、修復能力を高めないといけなくなるのです。









成長ホルモンの分泌をアップさせるためには筋トレをするのは有効です。



では具体的にどのようなトレーニングが効果的でしょうか?まず重さですが、おおよそい10〜12レップ(回数)連続してトレーニング可能な負荷をかけるとよいでしょう。









筋トレはほかの運動と比べて、その瞬間あたりにかかる負荷はとても大きいものです。



ですのでセットごとに一定の休みが必要になります。



この休みの間も注意が必要です。



セットごとに休むのですが、そのインターバルをおおよそ1分以内にしてください。



そうしないと成長ホルモンの分泌を効率的に促進することが不可能になります。



インターバルが短いですので、負荷の重いものからいきなりチャレンジするとこの速度を保つことは無理でしょう。



ですから、初期のころはゆるやかなものから始めましょう。