成長ホルモンとスロートレーニングについて

筋トレの方法も様々ですが、スロートレーニングというのが今、注目されています。



スロートレーニングというのは、バーベルなどを持ち上げるとき、通常よりも速度を落として動かすトレーニング法を指します。









動作を遅くすることで、何かを持ち上げるときに反動を防げます。



よって無理な負荷をかけずに、筋肉にだけによって刺激を与えることが可能になります。









ゆっくりと動かすことで、筋肉への負担もたかまります。



するとより効率的に乳酸を体内に作ることが可能なのですね。



乳酸には成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。



ですのでスロートレーニングによって成長ホルモンの分泌が促進可能なのです。



加圧トレーニングという方法が近頃人気ですが基礎となる考え方は同じです。









目安を言いますと、例えばダンベルの上げ下げをする時ですと、動作を5秒で行うよう注意してみましょう。



そしていったんダンベルをあげきったらそこで停止させます。



これもおおよそ5秒、ダンベルをあげきった状態を維持するよう心がけてみるといいでしょう。