胎児からつける成長曲線

子どもの発育経過が順調かどうかを知るために、成長曲線のグラフが活用できます。



これは、わが子の体重や身長をつけることによって、その成長度合いや、低身長症などの病気などにかかっていないかどうかを早期に把握することが可能です。







そしてご存知ない方もたくさんいらっしゃるかもしれませんが、実は胎児にも成長曲線のグラフが存在します。



これは、妊娠中の胎児の体重をもとに作られます。







グラフの横軸には妊娠週数、縦軸には体重がグラムで記される成長曲線のグラフです。



これを病院などで見せてもらい、現在の胎児の発育と比べることが可能dせう。



やはり体内にいる時に小さ過ぎると、産後もなにかの病気などにかかりやすいからです。







例を挙げますと、基準値よりも小さく産まれた赤ちゃんは、胎児ストレスや低血糖などになりやすいようです。



またダウン症などの確率も高まると言います。



また、周産期死亡率も高く、その数値はおよそ8倍になるとされています。



そのため、子宮にいる間から成長曲線のグラフと比べましょう。



そして場合によっては、頑張ってお腹の中で発育させたほうがいい場合もあります。









ちなみに、体重はエコーで頭の大きさや太ももの骨の太さなどで知ることができます。



そして、そこから算出したものが胎児の体重ですので、実際には誤差が出てきます。



ですから、わずかな差であれば、心配しすぎなくても大丈夫です。