スロートレーニングで human Growth Hormone を増やす

誰しもが加齢とともに、余分な脂肪がつきやすくなります。



これは運動量が減少しているのに対し、摂取カロリーはあまり変わらないからだとされています。



ですが、ここ最近ではこれだけではなく、加齢による成長ホルモンの分泌量減少が関わっていると認識され始めました。









そもそも成長ホルモンとは human Growth Hormone (hGH)のことで、ヒト成長ホルモンのことを指します。



このヒト成長ホルモンは20歳ぐらいまでの成長期に分泌量がピークを迎えます。



そして、その後はどんどんと分泌量が減少して行きます。



このことにより、老化現象である体力低下や肌のたるみ、または脂肪燃焼率の低下を引き起こしていると考えられています。







この human Growth Hormone をサプリメントで摂取するという方法もあるようですが、胃の中でアミノ酸に分解されてしまう、という医学的見解から見て根拠がない、という意見もあります。







そこで自身の身体から分泌される量を増やそう、というのがスロートレーニングです。







このスロートレーニングによって human Growth Hormone の分泌が活発化され、その働きのひとつである脂肪燃焼によって、ダイエットに繋がると言われています。



これはさまざまな検証が行われており、脂肪燃焼効果は確かに向上するようです。



ただ、このスロートレーニングによるカロリー消費というのは、残念ながら効果がないようです。



あくまでも human Growth Hormone の働きによって脂肪燃焼効果が期待出来る、というものです。