子供の成長過程について

生まれた子供は、一新に親の愛情を受けて育ちます。



では、子供たちはどのように成長していくのでしょうか。





まず、子供は生まれてから首が据わった時点で、脳の発達がスタートします。



そして幼稚園入園前後の時期に、1次成長期を迎えます。



この時期、自我が目覚め、自己主張をはっきりとしはじめることができるのです。



そうして、小学校入学。



中学年になると、2次成長期のピークを迎えますね。



身長がどんどん伸び、周囲をびっくりさせたり、あまりに急激な成長の場合は、成長痛に悩まされる人もいるでしょう。



そうした成長を辿る中学生くらいまでに2次成長期は終了ます。



分かりやすい女子の身体的成長変化で言うと、初潮と共に成長が終了するといえます。







一方で、体の成長と同時に注目すべきは、精神的成長、つまり心の成長です。



特に2次成長期からの精神的成長をは思春期と呼ばれます。



どんどんと大人への階段を登っていく時期と言えます。



たとえば、女子の場合、初めて男の子を男性として意識したり、同級生に好意を抱いたりするのもこの時期です。



また、男の子と比べ、この時期の女の子の精神的成長は成熟度が早いのも特徴的です。



身体的成長よりも先に女としての自覚が芽生えるのです。





昔は、女の子は10代初めに結婚し、15の頃には子供を産む、なんてことも少なくありませんでした。



理由は、当時の日本人が大変短命であった事、そして女の子を嫁に行かせることで親戚同士となり国の繋ぎとする場合も多かったためと考えられます。



根本的に現在の若年結婚とは話が違いますが、とにかく成長期はこのようにして終わりをつげていくのです。