伸長とは何か

身長で悩んでいる方というのは、本当に大勢いらっしゃると思います。



その悩みとは、自分の身長が低くて人気がないですとか、憧れの仕事のために伸ばしたい、またはご自身の子どもさんの背が低いなど、色々な思いで伸長を希望されているのでしょう。







確かに背が低いというのは大きな悩みで、その悩みは当の本人にとっては耐え難いものです。



また、親御さん自身背が低くて、わが子も自分と同様に小さかったら気の毒だと考えている方もいらっしゃるでしょう。









では、そもそも身長が伸びる、すなわち伸長というのはいったいどのようなメカニズムで起こっているのでしょうか。



まず、背の高さを決めるのは、ずばり骨です。



人間の柱である骨が背丈そのものとなります。



背丈に強い影響を与えるのが、背骨と足の部分の骨になります。



これらが長いかどうかで背丈が変わってきます。







ではその骨とは、どのようにすれば伸びるのでしょうか。



これにはいろいろな要因が絡んでいます。



まずは、骨そのものの栄養を十分にすることです。



骨を形成している栄養素はカルシウムとミネラル、そしてコラーゲンです。



これらがバランスよく体内で作られることで、骨が作られ、その先端に新しい骨を作っていき、骨が伸びていくのです。







そして、ヒト成長ホルモン(human Growth Hormone 略 hGH)から、身体内で分泌されるホルモンがあります。



これは体のなかで自然と分泌されるものです、例をあげましょう。



ヒト成長ホルモンの場合は脳下垂体から出されます。



その他に甲状腺ホルモン、そして性腺ホルモンが深く関係しています。



このうち特に重大な役割を担っているのが、ヒト成長ホルモンの中のインスリン様成長因子−1(Insulin-like Growth factors-1 略 IGF-1)というペプチドです。



これらがさかんに分泌されることで、より身体が成長するという仕組みですね。







そして身長の話に何よりも欠かせないもの。



それは、日々の暮らし方です。



とりわけ幼少期から成長期の終わりにかけて、この生活面の要因が、将来の身体の成長にものすごく大きな影響を与えるのです。



分かりやすく説明しますと、食事、睡眠、運動の3つが非常に関係しています。



これら3要素は相互影響の関係です。



そのため、それぞれすべての要素がきちんと摂取できていなければ、成長によい影響を与えられないのです。



この成長期の発達問題は前述した通り重要ポイントとなります。



そして、成長期に入ってからでは、既に遅い問題などもあります。



ですので、早期の問題の発見、そして対応が必要なのです。









またこれら以外に、外から摂取することで、足りていない栄養や要素を補填するやり方があります。



例を挙げると、サプリメントやスプレーなどの、経口摂取によって栄養素を摂取するやり方です。



簡単に言えばプロテインなどの商品もこの類に含まれますね。







また栄養素だけでなく、ヒト成長ホルモンなどをよりたくさん分泌するために働くサプリメントも存在します。







これらのサプリメントついては、とりわけ反対意見や疑う声も多くあがっていますので、現段階では、効能がある、ないとは一口には言い切れないのです。



身体に入れるものですのでとても注意深くなるべきポイントなのです。









そして、体操や器具、インナーウェアなどの使用により、、背をより高くするという方法があります。



これはつまり身体、とりわけ軟骨部分にダイレクトに刺激を与えたり、姿勢を正すというやり方によって伸張させるということをです。



これは特に、大人が背丈を伸ばすための商品ややり方がたくさん存在しています。









このように伸長法というのは、とても幅広く存在しています。



ですが、どれがご自身やお子さんに効果的か判断するのは困難です。



なぜなら人それぞれだからです。



そのため良い意見や悪い感想など、あらゆる意見が出ています。



それらを両方向から検討し、ご自身やお子様に適したものを選ぶようにしましょう。