伸長で悩む前にすべきこと

ご自身の子どもの身長は、順調に伸びていますか。



子どもの発育というのは、様々な要因が絡み合っています。



成長が順調ならば問題ありませんが、何か原因があり、身長の伸びがよくない場合がたくさんあります。



その要因とはなにでしょうか。



また対処方法などは存在するのでしょうか。









一口に、子どもの成長の要因、と言っても様々です。



まずは成長曲線をつけて、お子さんの成長過程をおさえておくことが大切です。



まだしていないのでしたら、第一に成長曲線をつけることからスタートしましょう。



そして、原因を探るのが第一歩です。



成長曲線をつけていれば、病気による成長速度の遅れなどの発見が可能です。



とはいっても、素人判断による病気の決め付けはもちろんよくありません。



ですので、医師の診断を受けることをお薦めします。



医師の治療でしか治せない病気もあるからなのです。



その際には、成長曲線のグラフを持っていくと、参考になりますね。









また、成長ホルモンなどの分泌に関わる病気ではないと診断されたときは、生活を見直しましょう。



それでも問題がないようでしたら、伸長法という、背が伸びる体操を実践してみるのも有効です。



体操にはいくつか種類かありますから、インターネットなどでも手軽に検索可能です。



これは伸長を第一目的にした方法ですので、効果的だといえるでしょう。



しかし、当然ながら、期待しすぎてはいけませんよ。



成長には必ず、ばらつきがあり、人それぞれといった特徴があるのです。



伸長法などを実践してみて、子どもの身長をゆっくり見守ることにしましょう。