身体の仕組み

身長が伸びるメカニズムは理解できているでしょうか。



これは子どもには難しいことですので、親御さん自身がきちんと把握することが大切です。









まず、身長が伸びるメカニズムを説明して行きます。



これには、ばらつきがありますので、あくまでも基本的な基準として覚えておいてくださいね。



幼少期から成長期が終了するまでの間、身体は成長し続けます。



その中での、身長が伸びるメカニズムにはたくさんの原因が絡んでいます。









第一には、骨が伸びること=身長が伸びるということを把握してください。



そして、その骨が順調に伸びるために必要な栄養素がカルシウム、コラーゲン、そしてミネラルの3るです。



これらが骨をつくり、新しい骨を作り出すために必要な栄養素です。







そしてもうひとつ、よく聞く大切な要因のひとつが成長ホルモンです。



これは正しい名を、ヒト成長ホルモンと言います。



そして、性腺ホルモンと甲状腺ホルモンの3大ホルモンの分泌が順調な成長には必要不可欠です。







まず、脳下垂体からヒト成長ホルモンが分泌され、それが肝臓に行き着いて、インスリン様成長因子−1という骨を伸ばす役割をもつ物質に変えられます。



そして甲状腺からは甲状腺ホルモンが出されます。



性腺ホルモンは卵巣や精巣で合成されて骨へと運ばれるのです。



前者のカルシウムなどを材料で、ヒト成長ホルモンはそれらを、より促して骨へと合成する役割を持っています。



こうして、どちらからもの作用によって、骨は強化され、そして、長く伸びていくのです。









これらを、外から摂りいれる商品がたくさん出回っています。



しかし、それらの摂取を試す前に伸長法と呼ばれる体操に注目しましょう。



これは文字通り長く伸ばすやり方で、骨を伸ばすための体操といえます。







このように、なにかを外部から体内に摂取する前に、伸長法などの体操や運動で身長を伸ばす努力をすべきです。



サプリメントやスプレーなどの商品は、その効果のほどが一般的に認められているわけではない、というのが理由です。



ですから最初に、すぐにでもスタートできる伸長法を試す方がよいでしょう。