身長の伸びない場合

わが子の背丈の伸長が悪い、と悩んでいる場合に起こりえるのは、実は病気です。



成長期前でも、周囲の子どもよりも著しく背が低い場合は病気の恐れがあります。



そのため、成長曲線をずっとつけておくことが対策として挙げられます。







そして実際に成長曲線を調べ、伸長具合に異変を感じるときは、成長曲線のグラフを持参して小児科へ受診しにいきましょう。









子どもの病気としてよくあるのは、低身長症です。



これは脳下垂体から分泌される、ヒト成長ホルモンの分泌量が少ないケースです。



これを分泌不全症とも言います。



このケースですと、注射によって、ダイレクトに摂取による治療が行われます。







また女児にだけ見られるものですが、ターナー症候群という病気もあります。



これはなんらかの原因により、染色体に異常があるときに発症する病です。



身長だけでなく、思春期なのに無月経である場合があるのです。



これをほっておくと将来、不妊症と診断されることもあるのです。



こちらの治療もヒト成長ホルモンを投与します。







またそれらのほかにも、下垂体性小人症というものがあり、これは突発性です。



その原因も明確にはわかっていません。



ですが、おおよそ5パーセントは脳腫瘍の恐れがあるようです。









このような病気は身長をチェックする成長曲線に必ず見られます。



ですので、伸長具合が一目で判断できるように成長曲線をきちんとつけておきましょう。