大人になってから伸ばすやり方

たくさん存在する伸長法の中で、器具などを使って身長を伸ばすというやり方があります。



これは例えば、ジムなどに設置されているストレッチャーが代表選手ですね。



ストレッチャーを使うことで、クッション部分であるへこんだ各軟骨部分が伸びます。



その結果、身長も伸びるというメカニズムです。



効果はと言いますと、多い人で2〜3センチ伸びますが、一日も経たないうちに元に戻ってしまいます。



ですので毎日続けることでキープするというやり方になります。



同様の仕組みのものには、ぶら下がり健康器などがあります。









また、服の下に装着するインナーもありますね。



この関連商品の多くは、背筋を伸ばすことが主要な目的で作られています。



確かに身長と姿勢の関係は大きいものです。



案外、多くの人が、猫背などの悪い姿勢により、身長が低く見えてしまっています。



また背筋を伸ばすことは、背骨にある軟骨部分を伸ばすことに繋がります。



そして、背丈を伸ばすことを導いてくれるのです。



これは努力せずに、ただ毎日つければいいという代物ですので、比較的楽に行える伸長法でしょう。









それらほか、良いといわれているのはストレッチです。



なかでも、身長を伸ばすことが目的のストレッチが存在します。



この効果も同様に、軟骨部分を伸ばすことによって、背丈を伸ばすというやり方ですね。







私たち人間の身体は朝起きた時間が、最も高い、と言われています。



それは、寝ている間は、軟骨部分に負担がかからないため、それら軟骨が伸びきっているからなのです。







こう考えますと、これらの商品の伸長法はなかなか理論にかなっていると言えますよね。