栄養と身長偏差値について

身長偏差値の結果を受け、一念発起して身長を高めようという場合、食生活を改善することは有効な方法のひとつです。



身長伸ばすための食生活を意識し、成長ホルモンを分泌させるのに有効な栄養素を摂ることはもちろん必要ですが、だからといって偏たった食事はよくありません。



他の栄養素とのバランスに注意し、献立を考えましょう。



たくさんある栄養素の中で、もっとも軸になるのはたんぱく質です。



ほかにも、骨の状態を意識するということから亜鉛やカルシウム、マグネシウムの摂取も意識すると良いでしょう。









それでは、これらの栄養素は何から摂取するのがよいのでしょうか。



たんぱく質は肉類や魚介類、乳製品、卵類、大豆製品から摂取することができます。



亜鉛は豚レバーやうなぎの蒲焼、牡蠣などに多く含まれています。



カルシウムは牛乳をはじめ、小魚などに含まれているのは有名ですね。



マグネシウムは魚肉類やほうれん草などに含まれています。



しかし、実際問題として、食べ物だけから摂取するというのでは一日の摂取量を満たせない場合も残念ながらでてきます。



そのような時は不足分を補えるようなものを購入して摂取すれば、身長を伸ばすための食事で負担を感じてしまうことを防げそうですね。