運動で身長偏差値を高めよう

身長を伸ばすための三大要素のもうひとつである運動。



苦手だという人もこれを身長偏差値を高めるために取り入れないというほどもったいことはありません。



必要なポイントを押さえて、毎日の生活の中に上手く取り入れればよいのです。



運動不足に陥らないようにしつつも、なおかつ熱中し過ぎて身体を傷めてしまわないよう、じゅうぶん注意しながら運動することが大切です。



ちなみに成長ホルモンは運動をスタートしてから約15分が経過したころ、そして運動が終了してから3時間が経過するころまでが多く分泌されると言われていますので、この数字は頭に入れておいてくださいね。









では、運動のポイントを抑えます。



まず、運動をスタートする前と、運動を終えた後にはストレッチをするということを習慣化してください。



また、負荷を掛け過ぎたり、特定箇所に偏って鍛えたり、休みを入れないというのも体にとってはよくありません。



これらのことを踏まえた上で、「縦方向の動作を頻繁に行う運動」を行うとよいでしょう。



なぜなら、成長ホルモン分泌には良い効果がもたらされることに期待できるからです。



具体的には、バレーボールやバスケットボールが挙げられます。



しかし、もっと手軽な方法として、縄跳びやジョギングといった運動、体操も方法によっては効果的があるのです。



筋力トレーニングも効果的ですので是非取り入れて見てください。