身長偏差値と睡眠の関係

これまで見てきた、食事や運動と同様に、背を伸ばす三大要素のひとつとして分類されている最後の一つが睡眠です。



食事は、身長偏差値を高める方法として最も結び付けやすい要素ですよね。



「よく眠る」ということを意識するだけでも効果は見込めそうですが、せっかくならもう少し深く掘り下げてこの要素について考えた方が、より良い結果が期待できるでしょう。



というのも、成長ホルモンや睡眠の深さなど、様々なことが睡眠と絡み合っているからなのです。



また、睡眠の妨げになるような行動を控えたり、上手に自分を睡眠に誘導する術を身につけることも有効でしょう。









レム睡眠とノンレム睡眠という言葉は一度は聞いたことがあるでしょう。



わたしたちは、寝ている間、この二つの異なる深さの睡眠を繰り返しています。



就寝後、はじめにのノンレム睡眠で成長ホルモンが分泌されると言われています。



そして、22時から2時までの時間帯でもたくさん分泌されると言われているのです。



そのためは、この条件をちょうど満たすように睡眠時間や生活をコントロールすることで、身長を伸ばすことに良い影響を与えられます。



眠りの量ではなく、質の方にに問題を抱えているという人は、睡眠の妨げになる要素を排除する取り組みから始めてみてください。



時には、専門家の力を借りるのもお勧めです。